FC2ブログ

記事一覧

the night would be very different than it is now.




正法眼蔵 辨道話( 173)


そもそも論として
仏とは、古来どのようにイメージされて来たのでしょう
私達は、そこから始めなければ、進めません
in the first place
How has the Buddha been imagined since ancient times ?
We must start there before we can proceed!



では、15世紀以前、近代以前の人々はどうだったんでしょう
So what about people before the 15th century,
before the modern era?
石炭や石油という燃料、そして電気の供給
それがありませんでした
Fuel - coal and oil - and electricity supply
It didn't.
月が出てなければ、夜は今とまったく違ってた
If the moon wasn't out,
the night would be very different than it is now.



2022070572800002.png






死の不安を抱えつつも
夜の圧倒的な深み、静寂と荘厳に向き合ってたと言えます
While I was anxious about death.
I can say that I was facing
the overwhelming depths of the night, the silence and solemnity.

夜ごと向き合うのですから
その魂の気分と、仏やキリストのイメージが出合う事は
不思議ではありません
Because we face it night after night.
It is no wonder that the moods of the soul
meet with the images of Buddha and Christ.




宗教文化を支えていたのは
牧師や僧侶、その教義ではなく
人々が夜ごと向き合う、夜の深淵だったと言えます
The religious culture was supported by
Not pastors, priests and their doctrines
but Abyss of the night that people faced night after night.









.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ