FC2ブログ

記事一覧

西天および神丹国は、人もとより質直なり





正法眼蔵 辨道話( 182)


とうていはく
「  西天および神丹国は、人もとより質直なり
中華のしからしむるによりて、仏法を教化するに
いとはやく会入 e-nyu す
我朝 waga-tyo は、むかしより人に仁智すくなくして
正種syo-syu つもりがたし
番夷 ban-I のしからしむる、うらみざらんや



2022071472800001.png





13世紀における、各国の民度比較
インドや中国の方と、日本人との比較
A comparison of the quality of the people in the 13th century.
Comparison of the Japanese people with those of India and China.


日本人は野蛮で、知的にも人格的にも劣っている
大陸の文化を取り入れ、建国して来たので
当時のこのような認識は、的を得てたと言えます
The Japanese are barbaric, intellectually and characteristically inferior.
Since the country was founded by adopting the culture of the continent
I would say these perceptions were spot on.
I'd say these perceptions were spot on at the time.


2022年、現在においてはどうでしょう
国や民族における違い
それは、ほとんど意味を失ってる
What about today, in 2022?
National and ethnic differences
have lost most of their meaning.

インターネットで
あらゆる人類の知的財産叡智に
誰でもアクセス出来ます
The Internet allows anyone to access
the intellectual property wisdom of all mankind.

2022年、現在においては
どのようなものを取り入れて行くかは
各個人に委ねられています
In 2022, in the present
It is up to each individual to decide which ones to adopt








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ