FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 滴滴こほる 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 滴滴こほる 」

ややつもりて腰をうづむあひだ
おつるなみだ滴滴こほる
なみだをみるになみだをかさぬ
身をかへりみて身をかへりみる
自惟 ji-yui すらく

 ( 雪が積もって腰を埋めます
 ( 落ちる涙が凍ります
 ( その涙を見てまた涙します
 ( 我が身を省みて思います

昔の人、道を求むるに
骨をうちて髄を取り
血を刺してうえたるをすくう
髪を布きて泥をおおひ
崖 kisi に投げて虎に飼ふ
古 inisie 尚 かくの若し
我又、何人ぞ

 ( 昔の人は、道を求め
 ( 骨をたたき髄を取り
 ( 飢えた者へその血を与えたり
 ( 仏の為、髪を切り泥上に敷いたり
 ( その身を投げて虎に与えたり
 ( 昔の人は、そのようになされた
 ( 自分は、どうだろうか



20201028SS00001.png
 ( 六世紀に生きた
 ( 二祖慧可大師にとって
 ( 古 inisie 人とは、その一千年前
 ( 釈尊以前の求道者の方でしょうか



20201028SS00002.png
 ( 身体の中にいる時と
 ( 身体に宿らず世界にいる時と
 ( 100年と1000年の合計
 ( それを繰り返し生きてる
 ( そう、予感出来るのに
 ( とてもそうは、感じられない
 ( 求道する 古 inisie 人は、そう感じておられた



20201028SS00003_20201028073835ef0.png
 ( 身体の中にいる生は
 ( それ以前の生、「 不生 」 の生と
 ( それ以後の生、「 不死 」 の生
 ( その継続の中にある
 ( そう予感出来るのに
 ( この身体に対する感覚は
 ( 重くなってしまった
 ( でも、そう思えるって
 ( 今ほど身体に
 ( 埋没してなかった、とも言えます



20201028SS00004.png
 ( 自分の身体に
 ( あまり埋没なされて、おられない
 ( これが、古 inisie 人が
 ( 飢えた虎に身を捧げられた
 ( その背景のよう思われます




20201028SS00005.png
 ( 身中に3 D座標系
 ( 聖十字をイメージします
 ( 単なる思考ですが
 ( 身体の筋肉骨格全体を動員します
 ( 聖十字をイメージから意志へ
 ( そして生きてるような心魂へと
 ( 育成してゆけます



20201028SS00006.png
 ( 3 D座標系? 聖十字のイメージ?
 ( これを実体化するため
 ( 坐禅という身体の形式も動員します
 ( 何故でしょうか
 ( 「 一点を定める 」 ためと思われます



20201028SS00007.png
 ( 古 inisie 人から続く
 ( 求道者の系譜、そこに共通する
 (  「 一点を定める 」 と言う行持
 ( これが謎なのは
 ( それが身体への埋没から脱する
 ( そのための道だから



20201028SS00008.png
 ( スケジュールや目標
 ( それがはっきりしますと
 ( 私達は気が楽になって邁進出来ます
 ( 何食べに行こうか?
 ( どうしようか? むにゃむにゃです
 ( よし、あそこの味噌ラーメン食べに行こう
 ( そうしよう! 俄然気が楽になって
 ( 車を走らせます !!
 ( 的を射てから、矢を放つです



20201028SS00009.png
 ( 身中に3 D座標系な
 ( 聖十字をイメージして中心を定めます
 ( よし! そこへ向かおう! です
 ( 気は晴れて、迷いなく進もう !
 ( しかしこの歩みは
 ( 空間的にも時間的にも
 ( 外を向いていません
 ( その一点は、身中にあります



20201028SS00010.png
 ( 聖十字の中心点
 ( その一点に集結するものって
 ( 何でしょうか
 ( 身体の移動ではありません
 ( そう、己の心魂に他なりません
 ( 身体に深く埋没してる、その心魂です



20201028SS00011.png
 ( 己の心魂が
 ( 身体に深く埋没してない
 ( これと
 ( 他者に関心が持てる
 ( 世界に関心が持てる
 ( 深く同情できる、それがリンクします
 ( 釈尊の慈悲と
 ( 面壁坐禅の聖一点がリンクします





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ