FC2ブログ

記事一覧

 行 持  下  「 操を操とせざる 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 操を操とせざる 」

かくのごとく自惟して
法をもとめ道をもとむる
志気のみかさなる
澡雪 so-setu の操 so を
操 so とせざるによりて
しかありけるなるべし

 ( 二祖慧可大師には
 ( 古人の行いが身近に思え
 ( さらに近づこうと思えて来ます
 ( 雪を振り払わなくても
 ( 雪に埋もれ身体は凍死しても
 ( 身体の生とは独立した
 ( 不生不死の火の生が
 ( 確信となって来たのです



20201030SS00001.png
 ( 神なのに
 ( 不明な十字架に架けられたり
 ( ただお腹空いてる虎に
 ( 身を投げたり
 ( そんな理解不能な行いの
 ( どこに人の希望があるのでしょう
 ( この二祖慧可大師が
 ( 山中で雪に埋もれてる
 ( この行いも然りです



20201030SS00002.png
 ( 蝶々さんの標本
 ( 蝶々さんは身軽に飛んでたのに
 ( 一針を身の一点に刺されて
 ( その亡骸がそこにあります



20201030SS00003.png
 ( 身中にイメージで
 ( 聖十字を描きます
 ( 神妙に行うと
 ( 中心が浮かび上がります
 ( この一点は
 ( 蝶々を止めた一点です



20201030SS00004.png
 ( 達磨大師の面壁坐禅
 ( 頭頂からの真下へ向かう
 ( その力線って
 ( 蝶々を止めた一針のようです



20201030SS00005.png
 ( 生きながら
 ( 身体を止めて
 ( あるいは身体を死として
 ( 何の意味があるんでしょう



20201030SS00006.png
 ( 合成写真の技術に
 ( 「 レイヤー 」 があります
 ( 3枚の絵、4枚の絵を
 ( 透かしガラスのように重ねて
 ( それが一枚の写真に収まります



20201030SS00007.png
 ( 同じ場所で動かず
 ( 「 そこから離れる 」 って
 ( 変なお話しですが
 ( 三枚四枚のレイヤーなら
 ( 密着した一枚のレイヤーから
 ( 離れるって、可能です
 ( 同じ場所で、そこから離れる



20201030SS00008.png
 ( 面壁坐禅では
 ( 身が聖十字に架けられます
 ( 身が蝶々の標本になります
 ( 身から離れても
 ( 私達は存在しえる、と言う
 ( 予感が生まれます
 ( 祖師方ではそれが
 ( 確信になってる現実になってる
 ( そう推測されます
 ( それは不生不死なるゆえ
 ( 祖師方の強さが
 ( 異次元なことが察せられます






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ