FC2ブログ

記事一覧

摩訶般若波羅蜜 「 百 草 」



Utagawa Hiroshige 1221 2149

観自在菩薩の
行深般若波羅蜜多時は
渾身の照見五蘊皆空なり
五蘊は色受想行識なり
五枚の般若なり
照見これ般若なり
この宗旨の
開演現成するにいはく
色即是空なり
空即是色なり
色是色なり空是空なり
百草なり万象なり



------------------------------------------




正法眼蔵「摩訶般若波羅蜜」 4 )



南の島へ行くと
植物も昆虫も鳥さんも
その色彩はvividで目が覚めるような
ですね

光そのものは
見る事出来ませんが
光が色彩を生み出してる
それは分かるよな、です

血液さんは
全身を巡ってるらしい
て知識では知ってても
血行の循環を淡くでも
意識する事はまずないですね

呼吸のin/out、その呼気はく息と
血行の戻り・静脈をリンクさせる

これって↑どぉ言うこぉ?
です

神妙とか畏敬とか
宗教的?精神的?イメージを
具体的に体現しようとすると
こうなる、でしょうか

静脈は文字通り
胸中への血行の戻りです
実際意識化は出来ませんが
胸中へ静まって行く = 神妙になる
このようなイメージと
吐く息を合流させると
静脈が鼓舞されたよう
そんな感じがしますね

で、改めて
それって何ばしちょるん? です


南の日の光が
vividな色彩を生み出すように
息と血流と言う身体の根幹へと
意識の光を当ててるんですね

普段は思考や感情気分
心身の表層にばかり光を当ててる
で、豊かっちゅうと
どんなもんかな?ですね


息と血流と言う
身体の根幹へと
意識の光を当てると
それこそ根幹から色彩を
得るこっ出来るよな、ですね





.

.



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
.
.
正法眼蔵は、
世界中の方々を鼓舞しえる
貴重な文化遺産ではないか?
でした。



坐禅体験ご希望の方へ

「 国際交流のための坐禅会
     at 仙台国際センター

希望日時に合わせ随時開催
参加費 は3,000円(1時間)でした。
....(施設予約状況[会議棟・和室]をご確認下さい。)


お問い合わせ先
newstoday343@gmail.com
佐々木正巳

開催者 Profile
1979年~ 
....澤木興道老師門下の
....沼田勇医学博士に師事
....大仁坐禅会に参禅
2006年
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 東京国立博物館 )
2006年~
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 仙台国際センター )






挿入の絵画一覧はコチラに
https://www.japanart.site/
( 海外の美術館が所蔵してるJapanArt
その公開FreeDataをremakeでした。)






.

最新記事