FC2ブログ

記事一覧

We can offer our hearts as a place of liberation.




坐禅がなぜ、仏道の神髄と言えるのでしょう ? (4)




実際坐禅をして、姿勢を正す、すなわち適度に筋肉を張っても
私達は筋肉が力を発揮してるとは感じても、それを音とは捉えません
In fact, even when we do zazen and correct our posture,
i.e., moderately tense our muscles,
we feel that our muscles are exerting themselves,but we do not perceive it as a sound!

これを音として捉えて行くことは、とても有意義なことです
It is very meaningful to go about accepting this as a sound



2022年11月05日00002




目には見えない天使がおられたとします
ある使命のために、目に見えるものになられた
物質の中に押し込まれた、とすると
Suppose there was an invisible angel
Became visible for a certain mission
Pushed into substance. Suppose it was.

静かに筋肉の張りに耳を傾ける
力としてじゃなく、音として捉える
私達がそうする時、凝縮されしものを解放してると言えます
Quietly listen to the tension in my muscles
Listen not as a force, but as a sound.
When we do so, we are emancipating the condensed

真摯に音を聴く
私達は己の心を、解放の場として差し出すことができるわけです
Listening to sound with sincerity
We can offer our hearts as a place of liberation.





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

正法眼蔵 

Author:正法眼蔵 
青葉坐禅堂


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで

最新記事

カテゴリ