FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 法器なり 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 法器なり 」


初祖ちなみに
二祖これ法器なりとしりぬ
乃ち曰く

諸仏、最初に道を求むるに
法の為に形を忘る
汝今、臂を吾前に断つ
求むること亦 mata 可なること在り

 ( 二祖慧可大師は
 ( 自らの左臂を断ちます
 ( 達磨大師はこれを見て
 ( 慧可大師が、法の器であることを知ります

 ( 達磨大師は、述べられます
 ( 諸仏は道を求めた時
 ( 自分の身体を忘れます
 ( あなた今、私の前で臂を切り落とした
 ( あなたが道を求める心を理解しました



20201104SS00001.png
 ( 自ら臂を切り落とす
 ( かなり際どい強烈なイメージです



20201104SS00002.png
 ( このような表象
 ( 普通の生活では
 ( 意味を持たないだろう
 ( そう推測されますが
 ( 3D座標、3本の線に沿って身を正す
 ( この面壁坐禅を修練するなら
 ( ちょっと話しが変わって来ます



20201104SS00003.png
 ( そもそも論で
 ( なぜ、3本の線をイメージするのか
 ( それって 「 一点 」 を確定するためです
 ( そして、なぜ一点 を確定するかと言えば
 ( 腰腹中央に一点 を確定出来れば
 ( それが身体の代表になってくれるから



20201104SS00004.png
 ( 曖昧な「身体感」ですが
 ( 一点を体感出来れば
 ( その一点に身体を感じられます
 ( 一点が身体の代表に
 ( なってくれてるからです
 ( その時、その一点( 身体 ) と
 ( それを感じてる私って
 ( 見られるもの、見るものって
 ( 少し距離が持てます



20201104SS00005.png
 ( 自ら臂を切り落とす
 ( かなり際どい強烈なイメージですが
 ( 腰腹中心に
 ( 「 一点 」 を確定する時
 ( 役に立ちます
 ( ざっくりデッサンでは3D座標系が
 ( 助けになります
 ( しかし本当に
 ( 「 一点 」 を体感しようとするなら
 ( その3D座標系も邪魔になります



20201104SS00006.png
 ( 「 一点 」 を体感しようとするなら
 ( 座標系の線も消さないといけません
 ( この実践イメージに
 ( 「 自ら臂を切り落とす 」 が合致します




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師 
師 瀬島 龍三 先生 


----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生










.

最新記事