FC2ブログ

記事一覧

I've had enough of this and I want to be free.




一頭の水牯牛 ( 4 )



2022年12月24日00007



喜怒哀楽
これがあるので、前に進めると言うものです
それらは、空想上のものでなく
目には見えませんが、生きた実体です
私達にとっては、無くてはならないものですが
彼らの立場に立つと、
自分では自分を解放出来ない
その中に幽閉されてて
「 もういい加減に、解放されたい 」 そう思ってるかもしれません

joy, anger, sorrow, and pleasure
These are the things that allow us to move forward.
They are not imaginary.
They are invisible, but they are living entities.
For us, they are indispensable.
But from their point of view.
I can't free myself from them
They're imprisoned in it.
They may be thinking, "I've had enough of this, I'm ready to be released."







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

正法眼蔵 

Author:正法眼蔵 
「 国見坐禅会 」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで

最新記事

カテゴリ