FC2ブログ

記事一覧

魂の座は、内界と外界が触れ合うところにある



十 指 禅 ( 1 )




「 魂の座は、内界と外界が触れ合うところにある 」
ノヴァーリス ( Novalis 1772 - 1801 )

The seat of the soul is where the inner world and the outer world meet.
「 Novalis 」




2023年01月02日00002
...................................................Raphael 「 The Marriage of Maria 


この文章を、こう言い換えてみます
「 魂の座は、A地点に広がる 」

Let me rephrase this sentence
The seat of the soul unfolds at point A.

私達には、手に十本、
足に十本、指が形成されてます
一本の指先を見てみると、
その内側(肉体)とその外側(触れるもの)が向き合っています
これは、そのA地点と呼べるかも知れません

We have ten fingers formed on our hands and ten on our feet.
If we look at the tip of one finger,
its inside (the body) and its outside (what it touches) are facing each other.
You might call this point A.


指先の皮膚がそれだとするなら、やはりそれは肉体の一部です
それでいて、その先は既に外界です
とは言え、私達はまず内界(肉体)の先端
そう、指先の皮膚まで歩みを進めてみましょう

If the skin of the fingertip is that, it is still part of the body.
And yet, beyond that, it is already the outside world.
But first, let us go to the tip of the inner world (the body),
that is, the skin of the fingertip.








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

正法眼蔵 

Author:正法眼蔵 
青葉坐禅堂


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで

最新記事

カテゴリ