FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 露堂々 」



行 持  「 露堂々 」


雪峰 se´po 真覚大師義存和尚
かつて発心よりこのかた
掛錫 ka-syaku の叢林 so-rin および
行程の接待、みちはるかなりといへども
ところをきらはず、日夜の坐禅おこたることなし
雪峰草創の露堂々にいたるまで
おこたらずして坐禅と同死す

 ( 雪峰山の真覚大師
 ( 義存和尚は
 ( 道を求めようと発心して後
 ( 叢林 so-rin での探求
 ( そして日々の生活は
 ( 順風満帆であったとは言えません
 ( 道、遥かなり とはいえ
 ( どこにいても
 ( 静謐坐禅に親しみました
 ( そして名高い「 露堂々 」 に至るまで
 ( 怠ることなく坐禅と同死したのです



20200823SS00001_20200824082346009.png

咨参 si-san のそのかみは
九上洞山、三到投子する
希世の辨道なり
行持の清厳をすすむるには
いまの人、おほく雪峰高行といふ

 ( 探求の時代
 ( 九回 洞山禅師 ( 807- 869 ) を訪ね
 ( 三回 投子和尚 ( 805- 914 ) を訪ねます
 ( 曖昧な理解をよしとしない
 ( 雪峰禅師の高潔さがよく表れています
 ( これが 「 雪峰高行 」 と呼ばれるものです



20200823SS00002_20200824082347de9.png


雪峰の昏昧 kon-mai は
諸人とひとしといへども
雪峰の伶俐 rei-ri は
諸人のおよぶところにあらず
これ行持のしかあるなり
いまの道人、かならず
雪峰の澡雪 so-setu をまなぶべし

 ( 雪峰の愚かさは人々と同じです
 ( 曖昧な理解をよしとしない
 ( その伶俐 rei-ri さは
 ( 人々の及ぶ所ではありません
 ( 雪峰の伶俐 rei-ri さは
 ( その行、静謐坐禅に由来します
 ( 思考スキームが
 ( 現実に即していない事を
 ( 坐禅が教えてくれます
 ( 訂正される事のない普通の思考は
 ( 普通の生活では何の問題にもなりません
 ( しかしそれを坐禅の中に持ち込むと
 ( 坐禅が成立しないよう
 ( 坐禅が出来ているからです



20200823SS00003_20200824082334e83.png


 ( 雪峰の澡雪 so-setu
 ( 雪を洗い清めるとはどう言う事でしょう
 ( 雪片、この結晶は
 ( 天球の星達が形成します
 ( 健全な雪の一生とは
 ( どのようなものでしょう
 ( 静寂から 「 一雪片 」 が生まれ
 ( そして、静謐の中へ消えゆきます
 ( 次次、静謐の中へと消えゆき
 ( 次次、静寂の彼方から
 ( 「 一雪片 」 は落ちて来ます
 ( 静謐への消解が
 ( 雪景色の継続を担保します



20200823SS00004_20200824082335986.png


しづかに雪峰の諸方に参学せし
筋力 kin-riki をかへりみれば
まことに宿有霊骨 syuku-u rei-kotu の
功徳なるべし

 ( 雪峰禅師は
 ( 曖昧な理解で
 ( よしと、しませんでした
 ( 曖昧な理解で坐しても
 ( 坐禅がそれを許さないからです

 ( 心を観察すると
 ( つかみどころがなく
 ( 霞のように感じられます
 ( かたや
 ( 雪峰禅師の探求心には
 ( 筋肉のような筋力が感じられます
 ( 何故でしょうか



20200823SS00005_202008240823377aa.png


 ( 雪峰禅師は
 ( 九回 洞山禅師 ( 807- 869 ) を訪ね
 ( 三回 投子和尚 ( 805- 914 ) を訪ね
 ( どのような思考スキームを持って
 ( 坐ればいいのか常に修正研されています
 ( 漬物をつけて10年待つ
 ( そのような坐禅ではありません
 ( 商品開発後入念な
 ( 検証をなされる技術者のようです



20200823SS00006_20200824082338856.png


 ( 思考も色彩も音響も
 ( 辺境の静寂から現れ
 ( 坐の身十字中心の静謐へ消えゆく

 ( これ以外の思考スキームで坐しても
 ( 違和感という反応で
 ( 坐禅が修正を促します
 ( 雪峰禅師は坐禅の声に
 ( よく耳を澄まされた、といえます
 ( 「 坐禅の神様が宿られてた 」
 ( とも言えますが
 ( 誰が坐しても坐禅は同じですから
 ( その微かな反応をないがしろにしなかった
 ( 雪峰禅師の向き合い方で
 ( 坐禅の神様が自己を開示したと言えます



20200823SS00007_202008240823408e5.png




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事