FC2ブログ

記事一覧

行佛威儀 「 人法 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  33 )しかあればすなはちただ人間を擧して佛法とし人法を擧して佛法を局量せる家門かれこれともに佛子と許可することなかれこれただ業報の衆生なりいまだ身心の聞法あるにあらずいまだ行道せる身心なし------------------------------------------------------------------「 行佛威儀 」の巻威儀を正し神妙をなすこれは仏を行う事で人の営みとはちょと違う是がこのレポートの趣旨でしょうか享年幾十幾...

続きを読む

行佛威儀  「 識智思慮 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  32 )これを擧して測量せんと擬することなかれ十聖三賢なほこれをしらずあきらめずいはんや人中天上の測量のおよぶことあらんや人量短小なるには識智も短小なり壽命短促なるには思慮も短促なりいかにしてか行佛の威儀を測量せん----------------------------------------------------------------------------識智思慮がちゃんと機能してる日常生活ではとても大事な事ですねとは言え識智思慮・経験知識...

続きを読む

行佛威儀 「 あらざるところ 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  31 )天上人間法界等にあらざるところあるべし行佛の威儀を見せんとき天上人間のまなこをもちゐることなかれ天上人間の量をもちゐるべからず------------------------------------------------------------------都会に住んでても朝焼け黎明の少し前色彩も空気も澄み渡ってすごいィなぁ!て魂が温ったか!になりますね外気が寒くて身体はこごえててもそうなるこれはモノをクリアに見る自然科学の知見そ...

続きを読む

行佛威儀 「 斷絶を超越し 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  30 )しらざるべからず佛佛正傳する大道の斷絶を超越し無始無終を落せる宗旨ひとり佛道のみに正傳せり自餘の類しらずきかざる功なり行佛の設化するところには四生あらざる衆生あり------------------------------------------------------------------人は、さらに生きるものはすべていずれしす今を大事に生きよう!確かにィ!ですねではそれだけが事実かと言うと事実は多面的ではないか?と言う問いで...

続きを読む

行佛威儀 「 于今有在 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  29 )まことにしるべし人間の釋は、このとき滅度現の化をしけりといへども上天の釋は于今有在にして化天するものなり學人しるべし人間の釋の千變萬化の道著あり行取あり著あるは人間一隅の放光現瑞なりおろかに上天の釋その化さらに千品萬門ならんしらざるべからず------------------------------------------------------------------お釈迦様は2500年ほど前この地上を歩かれてた私達はと言うと前...

続きを読む

行佛威儀 「 今に有在す 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  28 )宗いはく釋牟尼佛、葉佛の所にして正法を傳へてより兜率天に往いて兜率陀天を化して今に有在す------------------------------------------------------------------一般的には千年に一度、人の身体に宿り女性・男性と二千年で両方を経験なされるあっ、そうですか、ですね仮にそうだとして身体におらん時は何処におったのか?思い出せない以上この件は保留案件にならざるをえないですね身近な保留...

続きを読む

行佛威儀 「 人佛 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  27 )あるいはいふただ人道のみに佛出世すさらに餘方餘道には出現せずとおもへりいふがごとくならば佛在のところみな人道なるべきかこれは人佛の唯我独尊の道得なりさらに天佛もあるべし佛佛もあるべきなり佛は唯人間のみに出現すといはんは佛祖の閫奥にいらざるなり。------------------------------------------------------------------正法眼蔵「 行佛威儀 」の巻これが、この巻のタイトル音読みは...

続きを読む

行佛威儀 「 了生達死漢 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  26 )たれかなんぢを了生達死漢といはん生死にしづめりときくべからず生死にありとしるべからず生死を生死なりと信受すべからず不會すべからず不知すべからず--------------------------------------------------------------------------「 生死 」と坐禅をしようかァ!威儀を正そうかァ!それらはどう関連するんですか?本当にそう感じます元気に日々を過ごすそのためには元気溌剌な血行が伴うはずだ...

続きを読む

行佛威儀  「 通塞明明 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  25 )しるべし生死は佛道の行履なり生死は佛家の調度なり使也要使なり明也明得なりゆゑに佛はこの通塞に明明なりこの要使に得得なりこの生死の際にくらからんたれかなんぢをなんぢといはん------------------------------------------------------------------------この一節を読むに分けわからん事、こ難しい事道元禅師はおっしゃってるそう感じるのは率直な所でしょうか一方、表題はと言うと正法眼蔵...

続きを読む

行佛威儀 「 水草の但念 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  24 )しばらく功夫すべしこの四生衆類のなかに生はありて死なきものあるべしや又、死のみ單傳にして生を單傳せざるありや單生單死の類の有無かならず參學すべしわづかに無生の言句をききてあきらむることなく身心の功夫をさしおくがごとくするものありこれ愚鈍のはなはだしきなり信法頓漸の論にもおよばざる畜類といひぬべしゆゑいかんとなればたとひ無生ときくといふともこの道得の意旨作麼生なるべし...

続きを読む

行佛威儀 「 千死萬死 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  23 )いま佛佛の大道には胎卵湿化生のほかの胎卵湿化生あること不曾藏に正傳せり親密に正傳せりこの道得、きかずならはずしらずあきらめざらんはなにの儻類なりとかせんすでに四生はきくところなり死はいくばくかある四生には四死あるべきか又、三死二死あるべきか又、五死六死千死萬死あるべきかこの道理わづかに疑著せんも參學の分なり。----------------------------------------------------------...

続きを読む

行佛威儀 「胎卵湿化生のほか 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  22 )佛道を著するに胎生化生等は佛道の行履なりといへどもいまだ湿生卵生等を道取せずいはんやこの胎卵湿化生のほかになほ生あること夢也未見在なりいかにいはんや胎卵湿化生のほかに胎卵湿化生あることを見聞覺知せんや------------------------------------------------------------------この方はお顔も全身の感じも血色がいい健康的な感じィ!それって↑血行が健やかって言う事?なんでそぉなるの...

続きを読む

行佛威儀  「 行佛一中 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  21 )この得道は極大同小、極小同大の超佛越なるなり大の有にあらざる小の有にあらざる疑著ににたりといへども威儀行佛なり佛佛の道趣する盡乾坤の威儀盡大地の威儀ともに不曾藏を界と參學すべし界不曾藏なるのみにはあらざるなりこれ行佛一中の威儀なり------------------------------------------------------------------「 中心へ滅し、周辺よりいずる 」自然や社会の在り様己の心身その在り様も多...

続きを読む

行佛威儀 「 三次五次 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  20 )又、盡大地といふもただ三千大千世界とおもふがごとしわづかに一洲一縣をおもひにかくるがごとし盡大地盡乾坤の言句を參學せんこと三次五次もおもひめぐらすべしひろきにこそはとてやみぬることなかれ------------------------------------------------------------------正法眼蔵「 行佛威儀 」の巻は、お行儀良くシャンとしようと言う、至極Simpleなお話し是が、↑なにゆえ広大無辺へとつながる...

続きを読む

行佛威儀 「 盡乾坤 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  19 )學人おほくおもはく盡乾坤といふはこの南瞻部洲をいふならんと擬せられ又この一四洲をいふならんと擬せられただ又丹一國おもひにかかり日本一國おもひにめぐるがごとし------------------------------------------------------------------人の身体は霧の宇宙巨人「ユミル」からその形成力を受け、創られる。美しき北欧の神話ですね自然認識も500年スパンでは大いに変わり行くので遺伝子を核と...

続きを読む

行佛威儀  「 一隅蓮花 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  18 )しるべし出生合道出なり入死合道入なりその頭正尾正に玉轉珠囘の威儀現前するなり佛威儀の一隅を遣有するは盡乾坤大地なり盡生死去來なり塵刹なり、蓮花なりこれ塵刹蓮花おのおの一隅なり------------------------------------------------------------------「 一隅を照らす 」これと↑これが↓イコールである、って「 威儀を正そうォ!」道元禅師の論旨はとってもSimpleですとってもSimpleなのに...

続きを読む

行佛威儀 「 至道無難 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  17 )天地懸隔するがゆえに至道無難なり威儀儀威、大道體と究竟すべし------------------------------------------------------------------威儀を正そう!これを↑、いい感じじゃん!となるように、工夫を重ねよう!段ボールを折り折りしてガムテープでしばって風呂敷でくるんで手作り「 坐蒲(Zafu) 」の出来上がりです折りたたみ椅子に普通の座布団その上に「蕎麦がら」の枕さんさらにその上にこの手...

続きを読む

行佛威儀 「 錯錯 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  16 )たれかこれを夢幻空花と將錯就錯せん進歩也錯、退歩也錯一歩也錯、兩歩也錯なるがゆえに錯錯なり------------------------------------------------------------------道元禅師の教育は「坐禅しよか!」の一事でした道元禅師の坐禅とその他の坐法や瞑想との違いそれは何か?て問いです1.尾てい骨の反り胡坐(Agura)←これにプラス坐蒲(Zafu)と言うmini坐布団で尾てい骨をジャッキupしてる2.手を...

続きを読む

行佛威儀 「 夢幻空花 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  15 )門を出づれば是れ草、門を入るも是れ草萬里無寸草無しなり入の一字、出の一字這頭も不用得那頭も不用得なりいまの把捉は放行をまたざれどもこれ夢幻空花なり------------------------------------------------------------------把 nigiru 捉 toraeruこれも一面では握られてる、捕えられてるどうしようもないなッ!て、原因になったりしてまた一方ではいずれ身体が物事を把握出来なくなる新緑芽吹...

続きを読む

行佛威儀 「 密付 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  14 )這法に若至なり那法に若至なり拈来拈去出入同門に行履する界不当藏なるがゆえに世尊の密語密證密行密付等あるなり------------------------------------------------------------------「 密 」 と言えばお口の中で、舌をちゃんと上の歯茎に付けとかんとォ!これがすぐ、忘れちゃうですね上がこの舌の押さえ - A下が尾てい骨の反り - Bこれが、縦糸直線AB「 機織り 」 しようォ! ですんで、...

続きを読む

行佛威儀 「 落あるのみ 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  13 )すでに恁麼保任するに法、身、行、佛、これ親切なりこの行法身佛おのおの承当に礙あるのみなり承当に礙あるがゆえに承当に落あるのみなり眼礙の明明百草頭なる不見一法不見一物と動著することなかれ------------------------------------------------------------------「 礙 」samatageと申しますか昨日は良かったのに今日はパッとしないなぁてな具合にて日々試行錯誤・悪戦苦闘は続くそんな趣で...

続きを読む

行佛威儀  「 十方佛然の落 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  12 )しばらく行佛威儀に一究あり佛自と恁麼来せるに吾亦汝亦の威儀それ唯我能にかかはれりといふともすなはち十方佛然の落これ同條のみにあらずかるがゆえに古佛いはく那辺の事を體取し這裏に却来して行履せよ------------------------------------------------------------------「長崎の教会群と キリスト教関連遺産」世界遺産↑と言うと自然や建物群な感じですが長崎にはその当時の信仰をそのま...

続きを読む

行佛威儀 「 花開のごとし 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  11 )佛量は一隅なりたとへば花開のごとし心量を挙来して威儀を摸索すべからず擬議すべからず心量は一面なりたとへば世界のごとし一茎草量あきらかに佛心量なりこれ行佛の蹤跡を認ぜる一片なり一心量たとひ無量佛量を包含せりと見徹すとも行佛の容止動靜を量せんと擬するにはもとより過量の面目あり過量の行履なるがゆえに不中なり使不得なり量不及なり----------------------------------------------...

続きを読む

行佛威儀 「 爲身法 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  10 )ここに爲法身あり爲身法あり不惜身命あり但惜身命あり法のために法をすつるのみにあらず心のために法をすつる威儀ありは無量なることわするべからず佛量を拈来して大道を測量し度量すべからず------------------------------------------------------------------冷たくひえ固まっちゃう春彼岸を過ぎればそれも緩みけりでしょうか息をはきながら姿勢十字の交差点へ心身を鎮める「緩む」は拡散のim...

続きを読む

行佛威儀 「 果然として 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  9 )吾亦のゆえに師勝なり汝亦のゆえに資強なり師勝資強これ行佛の明行足なりしるべし是佛之所護念と吾亦なり汝亦なり曹谿古佛の道得たとひわれにあらずともなんぢにあらざらんや行佛之所護念行佛之所通達それかくのごとしかるがゆえにしりぬ修證は性相本末等にあらず行佛の去就これ果然として佛を行ぜしむるに佛すなはち行ぜしむ------------------------------------------------------------------「...

続きを読む

行佛威儀 「 佛所護念 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  8 )しかあればすなはち汝亦如是のゆえに佛なり吾亦如是のゆえに佛なりまことにわれにあらずなんぢにあらずこの不染汚に、如吾是吾佛所護念、これ行佛威儀なり如汝是汝、佛所護念これ行佛威儀なり------------------------------------------------------------------「 威儀を正そう! 」道元禅師の教育はその核心は、Simpleですねささきはんはそれを鵜吞みにして何か悪戦苦闘・試行錯誤されちょるみた...

続きを読む

行佛威儀  「 所護念 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  7 )曹谿いはくただ此の不染汚是れ佛の所護念なり汝もまた是の如し吾もまた是の如し乃至西天のもまた是の如し------------------------------------------------------------------ピタゴラスの定理a² + b² = c²を読んでもあまり感動をおぼえず、ですかたや、腹筋を頭からの垂線に対して垂直に交わるよう向けると前方に対して強固なバランスがとれた「求心性」が形成されるような、ですね6本の三次元座...

続きを読む

行佛威儀 「 修 証 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  6 )しかあればすなはち修証は無にあらず修証は有にあらず修証は染汚にあらず無佛無人の処在に百千万ありといへども行佛を染汚せずゆえに行佛の修証に染汚せられざるなり修証の不染汚なるにはあらずこの不染汚、それ不無なり------------------------------------------------------------------「修」と「証」に、時間差が発生しない「する」事がそのままイコール「あかし」となる一体何のお話しですか...

続きを読む

行佛威儀 「 百年抛却 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  5 )かるがゆえに我れ本より菩薩道を行じて成る所の寿命今なほ未だ尽きずまた上の数に倍せり知るべし菩薩の寿命いまに連綿とあるにあらず仏寿命の過去に布遍せるにあらずいまいふ上数は、全所成なりいひきたる今猶は、全寿命なり我本行たとひ万里一條鉄なりとも百年抛却任縦横なり。------------------------------------------------------------------「百年抛却、任縦横なり。」------「抛」   な...

続きを読む

行佛威儀 「 法性の縛 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  4 )教家経師論師等の佛道を遠聞せるなほしいはく法性にして法性の見を起す是れ無明なりこの家のいはくは法性に法性の見おこるに法性の縛をいはずさらに無明の縛をかさぬ法性の縛あることを知らずあはれむべしといへども無明縛のかさなれるを知れるは発菩提心の種子となりぬべしいま行佛、かつてかくのごとくの縛に縛せられざるなり------------------------------------------------------------------...

続きを読む

行佛威儀 「 仏縛 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  3 )仏縛といふは菩提を菩提と知見解会する知見、解会に縛せられぬるなり一念を経歴するになほいまだ解の期を期せずいたづらに錯解す菩提をすなはち菩提なりと見解せんこれ菩提相応の知見なるべしたれかこれを邪見といはんと想憶すこれすなはち無繩自縛なり縛縛綿綿として樹倒藤枯にあらずいたづらに仏辺の窟に活計せるのみなり法身のやまふをしらず報身の窮をしらず----------------------------------...

続きを読む

行佛威儀 「 覚をまたざる 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  2 )しるべし佛の佛道にある覚をまたざるなり佛向上の道に行履を通達せること唯行佛のみなり自性佛等夢也未見在なるところなりこの行佛は頭頭に威儀現成するゆえに身前に威儀現成す道前に化機漏泄すること亙時なり、亙方なり亙佛なり亙行なり行佛にあらざれば佛縛法縛いまだ解せず佛魔法魔に黨類せらるるなり。------------------------------------------------------------------「 覚をまたざる 」何...

続きを読む

行佛威儀 「 威儀行足 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  1 )佛かならず威儀を行足すこれ行佛なり行佛それ報佛にあらず化佛にあらず自性身佛にあらず他性身佛にあらず始覚本覚にあらず性覚無覚にあらず如是等佛たえて行佛に斉肩する事うべからず------------------------------------------------------------------正法眼蔵 第六巻は「 行佛威儀 」でした朝に、白ご飯昼に、カレー本体晩に、らっきょう漬け別々に食べたけど何か、食べた気がしないなぁ美味し...

続きを読む

即心是仏 「 参学の亀鑑 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  11 )大証国師は曹谿古仏の上足なり天上人間の大善知識なり国師のしめす宗旨をあきらめて参学の亀鑑とすべし先尼外道が見処としりてしたがふことなかれ------------------------------------------------------------------道元禅師の即心是仏は威儀を正した時その時心身は即心是仏だとそぉ大証国師や道元禅師は体育と学問(理念)と芸術(美)がまだ分業化していなかった古代ギリシャの教育者のようです中...

続きを読む

即心是仏 「 見聞覚知 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  10 )他の壇経を把って改換し鄙譚を添糅して聖意を削除し後徒を惑乱す豈に言教を成さんや苦しき哉、吾が宗喪びたり若し見聞覚知を以て是を仏性と為さば浄名は応に法は見聞覚知を離る若し見聞覚知を行ぜば是れ則ち見聞覚知にして法を求るに非ずと云ふべからず------------------------------------------------------------------この一節も南陽慧忠禅師の「外道」に関する所見です所見?と言うより慧忠...

続きを読む

即心是仏 「 一の神性 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  9 )師曰く若し然らば彼の先尼外道と差別有ること無し彼が云く我が此の身中に一の神性有り此の性能く痛癢を知り身の壊する時神は則ち出で去る舎の焼かれて舎主出で去るが如し舎は即ち無常なり舎主は常なりと此の如きを審するに邪正辨うること莫し孰れか是と為や吾れそのかみ遊方せしに多く此の色を見る近ごろ尤も盛んなり三五百衆を聚却めて目に雲漢を視て云く是れ南方の宗旨なりと--------------------...

続きを読む

即心是仏 「 南方の所説 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  8 )大唐国大証国師慧忠和尚僧に問う「何れの方よりか来る」僧曰く「南方より来る」師曰く「南方に何なる知識か有る」僧曰く「知識 頗る多し」師曰く「如何が人に示す」僧曰く「彼の方の知識 直下に学人に 即心是仏と示す 仏は是れ覚の義なり 汝今悉く 見聞覚知の性を具せり 此の性善く揚眉瞬目し 去来運用す 身中に遍く 頭に挃れば頭知り 脚に挃れば脚知る 故に正遍知と名づく 此れを離れ...

続きを読む

即心是仏 「 昭昭霊霊 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  7 )昭昭霊霊としてあるこれを覚者智者の性といふこれをほとけともいひさとりとも称す自他おなじく具足し迷悟ともに通達せり万法諸境ともかくもあれ霊知は境とともならず物とおなじからず歴劫に常住なりいま現在せる諸境も霊知の所在によらば真実といひぬべし本性より縁起せるゆえには実法なりたとひしかありとも霊知のごとくに常住ならず、存没するがゆえに明暗にかかはれず霊知するがゆえにこれを霊知...

続きを読む

即心是仏 「 霊知 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  5 )いはゆる苦楽をわきまへ冷暖を自知し痛癢を了知す万物にさへられず諸境にかかはれず物は去来し境は生滅すれども霊知はつねにありて不変なり此霊知ひろく周遍せり凡聖含霊の隔異なし------------------------------------------------------------------道元禅師はこの一節を「外道」の知見として紹介されてます「霊知はつねにありて不変なり」これを頭の骨格(知)で終わらせず身体の骨格にするそれが...

続きを読む

即心是仏 「 今の身に 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  3 )外道のたぐひとなるといふは西天竺国に外道あり先尼となづくかれが見処のいはくは大道は我らが今の身にありそのていたらくはやすく知りぬべし------------------------------------------------------------------「大道は我らが今の身にあり」道元禅師は↑ソレはおかしい「今の身」はほっといたらぐちゃぐちゃになるんだから、と「 大道を我らが今の身の     その中に創ろう! 」これが道元...

続きを読む

即心是仏 「 慮知念覚 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  2 )いはゆる即心の話をききて痴人おもはくは衆生の慮知念覚の未発菩提心なるをすなはち仏とすとおもへりこれはかつて正師に逢わざるによりてなり------------------------------------------------------------------考慮の「 慮 ryo 」omoihakaru朝起きてからスヤスヤお休みするまでひょいって浮かび上がった思いからどういう事だろうか?そんな、推理熟考まで色んな種類の思考が絶え間なく続きけり、...

続きを読む

即心是仏  「 将錯就錯 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  1 )仏仏祖祖いまだまぬかれず保任しきたれるは即心是仏のみなりしかあるを西天には即心是仏なし震旦にはじめてきけり学者おほくあやまるによりて将錯就錯せず将錯就錯せざるがゆえにおほく外道に零落す------------------------------------------------------------------正法眼蔵 第五巻は、 「 即心是仏 」でした将錯就錯 [ しょうさく-しゅうさく ]「錯をもって錯に就く」錯(honmakaina?)で、...

続きを読む

身心学道 「 壁立千仭 」

正法眼蔵「 身心学道 」  29 )飜身回脳するに如一錢大なり、似微塵裏なり平坦坦地、それ壁立千仭なり壁立千仭処、それ平坦坦地なりこのゆえに南州北州の面目ありこれを検して学道す非想非非想の骨髓ありこれを抗して学道するのみなり------------------------------------------------------------------平々坦々な所が千仭壁立しちょる......↑スムーズ息の出入......&胸部筋肉さんチームそのキッチリ・ケッパリこの二趣は同...

続きを読む

身心学道 「 飛去飛来 」

正法眼蔵「 身心学道 」  28 )圜悟禅師曰く生も全機現なり、死も全機現なり太虚空に闉塞し赤心常に片片たりこの道著しづかに功夫点検すべし圜悟禅師かつて恁麼いふといへどもなほいまだ生死の全機にあまれることを知らず去来を参学するに去に生死あり、来に生死あり生に去来あり、死に去来あり去来は尽十方界を両翼三翼として飛去飛来す尽十方界を三足五足として進歩退歩するなり生死を頭尾として尽十方界真実人体はよく飜身回...

続きを読む

身心学道 「 超凡越聖 」

正法眼蔵「 身心学道 」  27 )生死去来真実人体といふはいはゆる生死は凡夫の流転なりといへども大聖の所脱なり超凡越聖せんこれを真実体とするのみにあらずこれに二種七種のしなあれども究尽するに面面みな生死なるゆえに恐怖すべきにあらずゆえいかんとなればいまだ生をすてざれどもいますでに死をみるいまだ死をすてざれどもいますでに生をみる生は死を礙するにあらず死は生を礙するにあらず生死ともに凡夫のしるところにあ...

続きを読む

身心学道 「 学道幽遠 」

正法眼蔵「 身心学道 」  26 )枯木を画図し死灰を磨すしばらくの間断あらず暦日は短促なりといへども学道は、幽遠なり捨家出家せる風流たとひ蕭然なりとも樵夫に混同することなかれ活計たとひ競頭すとも佃戸に一斉なるにあらず迷悟善悪の論に比することなかれ邪正真僞の際にとどむることなかれ------------------------------------------------------------------「 学道幽遠 」数学者の家系から多く数学者が輩出される発達し...

続きを読む

身心学道  「 動止威儀なり 」

正法眼蔵「 身心学道 」  25 )いまのなんぢいまのわれ尽十方界真実人体なる人なりこれらを蹉過することなく学道するなりたとひ参大阿祇劫十参大阿祇劫無量阿祇劫までも捨身受身しもてゆくかならず学道の時節なる進歩退歩学道なり禮拝問訊するすなはち動止威儀なり------------------------------------------------------------------「 動止威儀なり 」威儀を正すこれが↑ほんまに生きる力になるんでしょうか?道元禅師はつよ...

続きを読む

身心学道 「 尽十方界真実人体 」

正法眼蔵「 身心学道 」  24 )恁麼の道理すなはち尽十方界真実人体なり自然天然の邪見をならふべからず界量にあらざれば広狭にあらず尽十方界は八万四千の法蘊なり八万四千の参昧なり八万四千の陀羅尼なり八万四千の法蘊これ転法輪なるがゆえに法輪の転処は亙界なり、亙時なり方域なきにあらず真実人体なり------------------------------------------------------------------全身を使って十字を切ろうかァ!縦糸きっち張って...

続きを読む

身心学道 「 一 塵 」

正法眼蔵「 身心学道 」  23 )人体は四大五蘊なり大塵ともに凡夫の究尽するところにあらず聖者の参究するところなり又、一塵に十方を諦観すべし十方は一塵に嚢括するにあらずあるいは一塵に堂仏殿を建立しあるいは堂仏殿に尽界を建立せりこれより建立せり建立これよりなれり------------------------------------------------------------------春は若々新緑さんお元気一杯青葉になられてなんて言うてたら静か秋が来られて色づ...

続きを読む

身心学道 「 思 量 」

正法眼蔵「 身心学道 」  22 )思量するといふは人体はたとひ自他に礙せらるといふとも尽十方なりと諦観し決定するなりこれ未曾聞を聞くなり方等なるゆえに界等なるゆえに------------------------------------------------------------------「決定するなり」けっていと読まずに、「 ketuzyo 」考えが定まって信念を持って貫き通すそんな↑感じィ?しっかし、そんな事は現実の生活では無理やし実際なしたとしてもなんか自閉的...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
.
.
正法眼蔵は、
私達を鼓舞し導いてくれる
温かき遺産ではないか?
でした。



坐禅体験ご希望の方へ

「 国際交流のための坐禅会
     at 仙台国際センター

希望日時に合わせ随時開催
参加費 は 3,000円 でした。
....(施設予約状況[会議棟・和室]をご確認下さい。)


お問い合わせ先
newstoday343@gmail.com
佐々木正巳

開催者 Profile
1979年~ 
....澤木興道老師門下の
....沼田勇医学博士に師事
....大仁坐禅会に参禅
2006年
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 東京国立博物館 )
2006年~
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 仙台国際センター )













.

最新記事